ブログトップ

気づきと対話の中から | コーチング,NLP,ファシリテーションetc

growidea.exblog.jp

すごろく 双六


2009年1月17日
渋谷で、コーチ仲間の田口愛味子さんのワークショップが
あり、参加してきました。

題して「双六(Step&Goal録)を作ろう」。

コーチングでは目標を設定し、その目標に向かって行動をしていきますよね。

しかし、どうも目標設定はしたけど行動のモチベーションが出なかったりしますよね。

また、義務感でいやいやながら目標に向かったり、
目標設定自体が辛い作業だったりするときがありますね。

もっと目標設定を楽しんで欲しいとの想いから、田口コーチは
すごろくを思いついたそうです。

そうです。

出来合いのすごろくを楽しむのではなくて、この世に1つしかない自分用のすごろくを
作るのです。

すごろくって、あがり(GOAL)を設定してから、そこに向かう出来事(Step)を置きますよね。
ですから、すごろくをもじってS&G録(Step&Goal録)と呼んでいるそうです。


手順としては
 1.ゴールを設定する
 2.スタートを設定する
 3.ゴールに向けて前進する出来事を考える(1マス前進用)
 4.ゴールに向けて飛躍的に前進する出来事を考える(nマス前進用)
 5.立ち止まってしまう出来事を予測する、または一歩後退する出来事を予測する(一回休み、1コマ戻る)
 6.大きく後戻りする出来事を予測する(nコマ戻る)
 7.これらを用紙の上に展開し、並びを決める
でした。


テーマは、次男が来年高校の受験なので、
 「希望の高校に合格する!」
としました。

スタートは、今の状態を表す言葉として
 「のんきな気持ち」
と書きました。


大きく飛躍するような出来事を考えるのは楽しいものでした。
通常の発想ですと、
  ・そんなことあるわけない
とか
  ・そんなラッキーに期待するなんてふざけている
とか一蹴してしまうようなことも、すごろくでは許されるので
楽しく発想できました。

例えば、
  「勉強好きなガールフレンドが出来、3コマ進む」
とか
  「夏の暑さで気分がゆるみ1回休む」
とかを描きました。

堅くなっている頭がほぐれていき、
いいことも悪いことも、両方何が起こっても許せるような
気持ちになってきました。

一回休んだり、2歩下がったりといった場面があろうとも
目標に向かっては進んでいくんだと妙な自信が生まれてもきました。

ゴールに強くこだわったり、ゴールから外れることを怖がったりする気持ちが薄れ、
なんとかなるだろういう気持ちになり、笑い声が出てきた楽しい時間でした。

時間の関係で、すごろくは完成しませんでしたが、近いうちに完成させます。


未来予測の手法のひとつに、ロイヤル・ダッチ・シェル石油グループが開発した「シナリオ・ライティング」というのがあります。

シナリオ・ライティングでは、未来のシナリオを  
 ・成功のシナリオ
 ・悲劇のシナリオ
など複数描いて、どうしたら成功のシナリオの道に進むことができるか、どうしたら悲劇のシナリオの道に進まないように制御できるかなどを考察します。

すごろくには、この成功のシナリオも、悲劇のシナリオも両方あるので、
すごろくを楽しみながらも、どうすれば良いかと戦略を立てる楽しみもあります。

皆さんもすごろくを作って、自分の未来を楽しみながら実現していきませんか?

f0057227_18173944.jpg

[PR]
by hangloose | 2009-01-28 22:07 | エトセトラ
<< リーダー・セラピー 参加しました 未来を創るワーク... >>