「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

気づきと対話の中から | コーチング,NLP,ファシリテーションetc

growidea.exblog.jp

<   2006年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

夜に想ったこと



聞く能力を高めたいなあ
ということ。

能力というか感受性?


自分のためじゃなく
その人のために

クライアントのために。


難しそうなのは、手がかりとなる情報から類推する判断が
どのくらい確からしいのかということ。


自分勝手な印象や判断になっていないか?


でも、心配ばかりもしてられないから、
確認しながら、前に進んでいこう。


f0057227_225449.jpg

[PR]
by hangloose | 2006-03-29 00:21 | コーチング

朝に思ったこと


1.キース・リチャーズの言葉

先週の金曜日に、東京ドームでローリング・ストーンズのコンサートを見てきた。
60過ぎの彼らの若いこと!。

転がる石は苔をつけないということわざよろしく、
転がる彼らには脂肪がついていなかった!

常に前向きで、エネルギッシュな彼らに見習いたいと思って帰ってきたところ、
今朝の朝日新聞に、ミック・ジャガーと、キース・リチャーズのインタビュー記事が。


「倦怠というのは、病気だよ」 ・・・・・・・・・ キース・リチャーズ

おお、かっこいい。 かっこ よすぎです。


2.素敵な言葉


「コーチングの勉強を始めて、最近、感じていることは?」と
朝1番にCTPのクラス・コーチが質問した。

ある方が、こう答えていました。

「自分に、まだ新しい力があるんだなあと実感しました。
まだまだ、人の役に立てるんだなあと実感しています。」


同感!!
そうですよねー。

コーチングの勉強を始めて、いろいろ学びがあります。
のんびりペースの「はんぐ」ですが、少しづつ行動もしていきたいと思っています。

自分自身に力が湧いてきて、自分自身が好きになれる。
そんな予感がしています。


3.心地良い会話


心地良い会話ってどういう会話ですか?

この質問を切り出されて、すぐに浮かんで来た言葉は

    夢とユーモアのある会話

ということ。

そこは大事にしたい。 たぶん 「はんぐ」のお得意分野 ^^

と考えた10分後には、もうひとつ加わって、

   夢とユーモアと意志のある会話

になった。

もう10分すると、また付け加えたい事が......

終わりませんな。 (笑)



皆さんにとって、心地よい会話とはなんでしょうか?


さまざまな要素を意識して、
人と人との会話を、楽しんでいきましょうね。 ^^


f0057227_2274311.jpg

[PR]
by hangloose | 2006-03-28 08:52 | コーチング

はにかみの先にあるもの


3月は年度末で忙しい。

でも4月から始まる新しい区切りに向けて
モチベーションを高めるためにも、
日々のことをふり返り、目標設定の良い時期。

ということで、最近、話しをしてなかったCさんと、
夜ビールを飲みながら、この先のことを雑談。


43歳で、奥さんと子供がひとり。
技術力が高くて、専門知識が豊富な彼は、
かつて築いた自分の宝の中に安住しているようで、
最近おとなしいなあ。

2年前から目標にしている資格試験もまだ道途中。


雑談の中で、こう聞いてみた。

「5年後の自分を想像することある?」
「5年後、どんな自分になっていたいと思う?」


      「ぇ?」

声は出なかったけれども、そんな顔をしていた。
一瞬、暗い酒場の中でも読みとれるほどに、
顔が明るく輝いた。

そんなことは、考えたことがない
とでも言いたげに。

だけど、嬉しそうに。


そこから、ぽつりぽつりと、
思い描く2つ、3つの情景を話してくれた。

とても恥ずかしそうに。
実現できるとは思ってないよ、とでもいいたげに。

はみかみながらも、
生まれて初めて、5年後の自分に思いをはせる作業を楽しんでいる様子で。

または
楽しんでいる自分に気がついて、それが嬉しそうに。


ビジョンを描き、目標を持つということは、
人に元気を与えるんだなあ。


コーチングの練習仲間だと、もう夢を描いたりすることに慣れっこだから
新鮮味が薄れてしまうことはあるけど
やはり、一般の人にとって、夢を描くと言うことは特別なこと。


そのはみかみの先にあるものを応援したい。



さあ、これ一回で終わることなく、
時々彼と、話しを継続しよう。


f0057227_923524.jpg

春はもうそこに

[PR]
by hangloose | 2006-03-21 09:19 | コーチング

4週間のふり返り


さきほど ひとつのクラスが終了した。

「是非 ふり返りをしてくださいね」というコーチの言葉を受けて、
ビールで祝杯(?)をあげつつ、ふりかえりを。


効果的に学習するために、必要なことを4週間前にリストアップした。
さあ その後の進展はいかに?

■CTP学習デザインを作成する。
→作成しましたよ。 ^^   ちょっとまだ非公開だけど ^^

■予習をおこなう。
→なんとかやりました。 わけのわからないドリルも、最近慣れてきたのか、すらすらと屁理屈を書いております。  何が正解か、 何が模範的な回答か・・・・ そんなことを考えずに、自分のこころの中にあるものと対話するのがポイントね と わかったような気になってきた。 (笑

■復習をおこなう。
→要約ノートを作成して、電車の中で見直したりしました。 

■要約ノートを作成する。
→システム手帳のノートに、要点を書き移しています。
手帳はまだないんですが。 
どんなシステム手帳にするか、検討中です。 

□クライアントを持つ
→まだまだ、余力がないなあ。自分の学びだけで精一杯。
まあ 「よっしゃ」という気分になるまで、無理しないでいこうと、今は思っている。

■自主勉強会に参加する。
→この4週間で、3つの勉強会・セミナーに参加した。
人と会って刺激をもらい、手本となるような人を観察できるのって素晴らしい。
ありがとう。 皆さん。
これからも よろしく。


■宿題をきちんとおこなう。
→なんとか、時間をやりくりして行動しました。
優位感覚の調査なんか15人にメールを送っちゃったもんね。


□コーチをつける
→コーチを受けたことのない人がコーチできるわけない、と当たり前のような事を、
「ほんとにそうだよな」と実感する日々。
この間、会った人も、コーチをつけてよかったといってるし。。。。
夏前くらいから、コーチをつけれたらいいなあ。
きっと多くを学べる予感。

■クラス以外のイベントに参加する。
→自主勉強会に出席するというのと重複してるなあ とあらためて認識。 ^^
月に2つは、コーチングに関する勉強会やイベントには出ようと思う。

■メール友達を作る。
→進展あり。
集合研修で会った人達とメールのやりとりが生まれてます。
ありがとう。 
これからも刺激しあっていきたいと思います。 ^^



以上 簡単なふりかえり。


さあ ここを時々 見てみよう。

もっと もっと 高い水準に もっていけるように。
納得とうなずきを得るために。


f0057227_0413818.jpg

My notes and a Beer

[PR]
by hangloose | 2006-03-14 00:45 | コーチング

NLP 最初の本


amazonで、NLPをキーワードにして本を探した。
いろいろな人のコメントを参考にして、最初の1冊を絞り込んだら
発送まで少し時間がかかりそうなので、
路線を変更して、すぐに送ってくれる本に選びなおした。

「こころのウイルス」ドナルド・ロフランド著、上村倫人訳、英治出版
を買う。

土日で半分ほど読み進める。

わかったような。
わからないような。
まあ 焦らずに、読み進めていこう。


^^

f0057227_23305742.jpg

[PR]
by hangloose | 2006-03-12 23:37 | NLP

コーヒーショップにて


仕事で移動の合間に
1時間ほど、ぽっかりと穴が空いたので
コーヒーショップに入り、
先日のジェフ・デューガン氏の講義を、ノートにまとめる。

1時間半のワークショップのことをまとめるのに1時間。
ありゃりゃ なんでこんなに時間がかかる?
システム手帳のノート計5頁なり。

はんぐの学習法は、ともかくノートをとること。
コーチング専用のシステム手帳を作ろうと思っている。

確かK01で、これからの勉強が楽しくなるアイデアを話し合ったとき、
思い浮かんだのが、新しいシステム手帳のイメージ。

この間、デパートで見たら、やっぱり、いいなあと思うようなのは、
結構するんだよね。値段が。
だからいまは、ノートだけ作っている。
革の手帳本体は、いずれ買おう。 


ジェフ氏の言葉の中で、気になった言葉は、"Deserve"。

通訳のはなさんは、
「自分はそれを実行するのにふさわしいか」と訳していた。
もちろん、その意味は、
ふさわしくないから止めようではなくて、
自分はそれだけの価値があるんだと認めることが大切ということ。
と思う。


人は誰しも自ら望むものになっていいんだし、その人が望むものになる
価値は誰もが等しく持っている。

そこを問い直してみると、
その目標に向かい、
達成することが
ますます価値あることのように輝き出す。

そんな気がする。

そして、
それは自分本位の夢ではなくて、
厳しく自分を律するものでもあるような気がする。

例えば、はんぐは良いコーチに早くなりたいが、
「はんぐは良きコーチとしてふさわしい人間か」
と問い直したとき、
もっともっと自分が成長したいと感じる。

だって、クライアントからすれば
「素敵なコーチ」でいて欲しいだろうし、
「私のコーチはこんなに素敵な人なのよ」と
触れ合う人に言って欲しいから。


うひゃ

よくばりすぎかもねえ。 ^^

ま、 いいよね。 
f0057227_1444394.jpg

[PR]
by hangloose | 2006-03-11 01:45 | NLP

NLPに出会う

日本コーチ協会東京チャプターが開催する勉強会に参加した。

今回のテーマは「コーチングに生かすNLP」。
講師は、国際認定保有NLPトレーナーのジェフ・デューガン氏。

ジェフ氏の、暖かみと熱意のあるパフォーマンスに引き込まれ、あっという間の2時間であった。

ジェフ氏の解説の元に、2人ペアになってセッションをおこない、NLPのエッセンスや考え方のレクチャーを受けた。


通訳が素晴らしく、非常に分かりやすかった。
ありがとうございました。
 

多くの学びがありました。
ちょっとNLPについても勉強してみたい、そんな気になりました。

たくさんの気づきをもらったけど、
ジェフ氏の話の中で、特に心に残っていることは「相手の世界を尊重する」ということ。

言うは易しだけど、実践は難しいよね。

でも、その気持ちはいただきました。

大事にしたいと思います。
[PR]
by hangloose | 2006-03-08 01:16 | NLP

質問の言葉ノート


今日、CTPのクラスで、コーチが10分間コーチをしてくれた。

はんぐは、紙に書いて、覚えるタイプだ。
耳から頭に入っていくことはあまりない。
視覚情報からの吸収力が高い。

コーチの言葉を紙に書く。
言葉と言葉を線でつなぐ。
そうやって、コーチングの流れを絵にしていく。

昨日、自分には、コーチングの質問の言葉の引き出しが
あまりにも少ないことに気がついた。

他の人の発する質問をメモして、言葉集を作ることにした。

早速、システム手帳の紙を取り出してタイトルを書く。


      ■セットアップのことば■

      ■目標設定のことば■

      ■現状把握のことば■

      ■ギャップの分析のことば■

      ■行動計画のことば■

      ■フォローアップのことば■

      ■承認のことば■



今日のコーチの言葉と、今、自分の頭の中にある言葉は書き出した。

今度の休みの日に、今までのノートを見直して、じっくりと、この言葉集に
書き加えよう。
[PR]
by hangloose | 2006-03-06 23:24 | コーチング

刺激! 刺激! 刺激!

3/5の日曜日。
コーチ21の集合研修に参加する。

コーチングを学ぶ人達との交流は
とても刺激を得られて楽しい。

そして、皆さん ジョークが上手い!
ユーモアのある会話は人を心豊かにする。

3人一組になって10分間コーチングを体験する。
Aさんがコーチ役。Bさんがクライアント役。Cさんがフィードバック役。

まだクライアントも持たず、コーチをつけていないはんぐには
貴重な体験。

つたないコーチ役をやったけど、メロメロ。

明確な目標を持ったクライアントの方なのに、
自分の理解が遅いので、
自分の理解のための質問を連発してしまう
はんぐ。 
あひゃー。

主役はクライアントだって。

質問しながらも、
ああ、クローズな質問になってしまった。
どうしよう。
と おろおろするばかり。

ちょっと、反省点の多い10分間でした。

クライアントの方からは、暖かい言葉をいただき、
フィードバック役の方からは有意義なコメントをいただけた。

ありがとう。

まず、今日、
しっかりと、心に刻むことはふたつ。

1.セットアップあなどるなかれ。
重要ですぞ。 しっかり考えよう。
はんぐは、おおざっぱな性格だから細やかな心使が下手。
クライアントは女性だったので、距離の置き方に注意すべしと
アドバイスをいただいた。
距離が短すぎても緊張するし、離れすぎてもダメだしね。
それを自分勝手な判断でしないこと。
クライアントに尋ね、その意見を尊重すること。

2.テーマの絞り込みのところで、自分本位の提案をしてしまった。
今までの話を聞くとAというテーマとBというテーマのふたつが考えられますが
今日はAのテーマでやりましょうかね、と半ば強引な展開をしてしまった。
テーマとしてはAとBのふたつが考えられますが、どちらが良いですか?
と聞く方がよかったね、とはフィードバック役の方のコメント。
ありがとう。胸に刻みます。 ^^



笑い話をひとつ。

お昼ご飯を食べながら、
隣同士の人が
いつも電話レッスンで一緒の人と判明。

すると、もしかして一緒のレッスンですか?
と話題になったペアが。 ^^

じゃあ 目をつぶって声を聞いてごらん と誰かがアドバイス。

顔でつながらないで、声でつながる不思議な縁 ^^


ありがとう。
エネルギーをもらった1日でした。

家に帰って、ふり返りを行なう。

なんだ なんだ こう展開すればよかったのに
と気づくことが出てきた。

忘れないようにメモをとる。

しっかり胸に刻めよー。 
[PR]
by hangloose | 2006-03-06 01:43 | コーチング