「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

気づきと対話の中から | コーチング,NLP,ファシリテーションetc

growidea.exblog.jp

<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

人に目を向けなさい


昨日、
CTPのクラスで
5分間コーチングを行なって、
気づいたことをフィードバックする中で
クラスコーチの言葉が印象に残った。

「人に目を向けなさい」

そうなんだな。

つい気をとらわれてしまう。
会話の中で語られた事柄に。

例えば、
つい、ぽろっとと出た「最近マンネリでしてね・・・・」

そうすると、
その語られたことに焦点がいって
その人の意図から離れた会話をリードしてしまう。

その人の心を見失う。


「ほんとはどうしたいの?」
そこから離れないようにしよう。

言葉の先に
生身のその人がいる。

やりたい何かがあって
成りたい何かがあって
それが上手く出来なくて
電話越しにこちらをじっと見つめている
その人がいる。


人に目を向けよう
人を見失わないように
[PR]
by hangloose | 2006-06-20 00:51 | コーチング

ワールドカップに寄せて(2) タイプ分け

タイプ分けの話題をひとつ。

多分、中田英寿は、

アナライザー

ではなかろうか?
と思う今日この頃。

根拠は、
 ・顔に表情があまりなく、クール
 ・心の内面をあまり外に出さない
 ・一人で食事するのを好む
 ・常に正しいことをしようとする(このように見える)
 ・あまりおしゃべりではない
あたり。

宮本選手は、サポーターかなあ。


他の人はどうだろう。 ^^
[PR]
by hangloose | 2006-06-12 08:41 | エトセトラ

ワールドカップに寄せて


昨日(6/11)の朝日新聞朝刊1面に、こんな記事があった。

「日本サッカー協会の川渕三郎会長は
ドイツ入り前の福島合宿で、
食事中に中田英と宮本がテーブルを囲んでいるのに驚いた」

まあ、中田英寿が、周囲とのコミュニケーションを積極的にとるタイプ
ではないということは今までの報道でわかってはいたけれど。

あなたが驚いたことにこっちが驚いてしまいますよ。 <川渕さん


いつまでもこの状態のままですか?


全日本だもの、優秀なスタッフがいっぱいいるだろうに。
チームのコミュニケーション力強化担当者はいないんでしょうか。
絶対に必要だと思うんですけどね。 ^^

コーチング勉強仲間で提案しますか?  
コーチング for 全日本。


この記事を読んで、絵が浮かんできました。
そのトレーニング姿を。 ^^

コーチングの勉強会では、よく集まった最初に、
アイスブレークといって、緊張を解きほぐすために、
いろいろ楽しいゲームをやるじゃないですか。 

たとえば、5分間教室を歩き回って、出会った人と、
 「最近あった楽しい事を紹介しあう」
とか
 「今日、この研修で得たいことは何ですか?」
とか
 「自分の名字・名前の中のどの文字がどういう理由で好きか伝える」
とか
 「あなたを動物で例えると、○○みたいですね。その心は・・・・」
とか
 「あなたを食べ物で例えると、△△みたいですね。その心は・・・・」
とか。


話は、どんどん脱線しますが、はんぐは、食べ物にたとえると、
「おろし大根付き和風ハンバーグ」だそうです。 (爆

心は、エネルギッシュだけど、日本人の和の心を持っている
ということだそうで。

ありがとうね。Sさん。 あなたのこの素敵な言葉、忘れずに覚えていますよ。 ^^


いわゆる、アイスブレーク・ネタ、チームビルディング・ゲーム、プログラム・アドベンチャー・ゲームなどのコミュニケーションの活性化やチーム力の向上を狙ったゲームっていっぱいありますよね。

中田や、川口や、宮本や、稲本や小野や、・・・・・・・ ジーコまでもが、
教室をうろうろ歩き回って、はちきれんばかりの笑顔で、自己紹介しあっている姿を
イメージしちゃいました。
目の前に浮かんできちゃいました。



こうなったら、いいチームになると思うんだけど。

ほんと、必要だと思う。 


f0057227_0394886.jpg

[PR]
by hangloose | 2006-06-12 00:40 | エトセトラ

リフレーミング

f0057227_23392555.jpg

私達は みな、 それぞれの枠組み(フレーム)で世の中を見て感じている。

そのなかで、苦手な人や好きになれない人がいる。
そういった人とつきあわなくてすめば楽だけど。

それが上司だったり 仕事のチームメンバーだったり 部下だったり
そうであれば ハッピーになれずに モチベーションも上がらず
辛いことばかり。

そういったとき、自分のものの見方を変えて見るということが役に立つという。
このことをNLPでは、リフレーミングと言うらしい。

昨日、ワークショップでやったのは、
「嫌いだったり、苦手な人を思い浮かべて、敬語を使って、その人の素晴らしいところを紹介してください」
というwork。

苦手な人だけど
つきあいずらいなあと感じている人だけど
以外と、すらすらと、その人のいいところを話している自分がいた。

「そうなんですよ。 この人のおかげで、私達は楽をしています」
「あの方のおかげで、私達は・・・・・・・」

無意識のレベルでは、いろいろなところをちゃんと観察したり、見ているんだなと思う。
それをきっと意識のレベルで見てないふりをしたり、認めないふりをしているんだと思う。

すごく簡単なエクササイズだけれど
繰り返しやってみると
きっと、その人との関係も変わっていきそう。

そんな予感がした。

では しばらく続けてみよう。


 
[PR]
by hangloose | 2006-06-02 23:33 | NLP