ブログトップ

気づきと対話の中から | コーチング,NLP,ファシリテーションetc

growidea.exblog.jp

<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ツイン・リフレクティング

先週、日本コーチ協会の東京チャプタの勉強会で
インタラクティブ&リフレクティングアプローチ協会
三澤文紀先生と岡野洋美コーチの指導の元、
ツイン・リフレクティングプロセスを体験させていただきました。
それも、コーチ役で!!

リフレクティングプロセス(伝え返し)とは、
家族療法家のトム・アンデルセンが開発した手法で、
通常は1人対1人の閉じたセラピー空間に、傍聴するチームを招き入れるもので、
通常の面接を行なったあとで、
その面接を傍聴していた人々がその面接で感じたことや思ったことを
まるで井戸端会議のように話し合い、
その彼らの会話を刺激にして
セラピストとクライアントは自分達の面談を継続するというもの。

ツイン・リフレクティングとは、、そのチームをふたつにするもので、
チームA クライアントを観察し、彼/彼女について感じたことをリフレクトするチーム
チームB セラピストを観察し、彼/彼女について感じたことをリフレクトするチーム
の2チームで面談を聞きます。

今回はセラピストではなく、コーチによるコーチング。

私の経験した時の手順は
1)コーチング    15分
2)クライアントチームが、クライアントについてリフレクティングする  5分
   コーチもクライアントもこれを聞いている 彼らの会話には参加できない
3)クライアントが部屋を出る    ひとり静かになれるところで考えている
4)コーチのコーチングについてリフレクティングする   5分
   コーチは聞いている   クライアントはいない 彼らの会話には参加できない
5)クライアントが戻る
を1セットとして、これを2回おこなった。
そして最後に、締めの5分間コーチング。

やる前は、自分のコーチングについて、随分キツイフィードバックが来るのだろうなあ、
やだなあ、気が重いなとも思ったけど、それは嬉しい誤算だった。

多少、耳に痛いことも聞こえてはくるけれども、それは自然に受け入れられるものだった。

それは、リフレクティングのルールに
「自信なさげに言う」
というのがあって、
「・・・・・かもしれません」
「あまり自信ないんですが・・・・・・したらまた違った展開があったかもしれません」
「コーチがあえて・・・・・の道に進まなかったのはどのような判断があったのでしょう」
など、穏やかな言い方を心がけていることが良い作用をしていると思う。

また、リフレクティングしている彼らチームの雑談を聞くことは出来ても、
決して彼らに話しかけることは出来ないというルールが
上手にリフレクティングチームと面接側との距離感を作っていた。

だから感情的に流されることなく、自分のコーチングについて、
自分とクライアントとの関係について、考えることができた。

私のコーチングの課題がしっかりと見つかった。

ひとつは、チャンクダウンが少ないということ。
もうひとつは、感情を扱うことが少ないこと。

当面、ここをガンバリマス!!
[PR]
by hangloose | 2007-05-30 00:50 | ブリーフ・セラピー

リッツカールトンでコーチング!

やられましたー。

http://www.mahoq.jp/live/plive.html

魔法の質問のマツダミヒロさんの企画。
リッツカールトンで90分のワンショットコーチングです。

今まさになにかを決断しようとしている人にとっては
きっと特別な時間になるでしょう。

コーチは、会話の場を用意することが、やるべきことのひとつですが、普段とは違う環境、そこにいるだけで意識がシフトしちゃうような場を用意するのも手ですね。

まさに私の敬愛するコーチのハーレン・アンダーソンが言う
「会話の空間に招き入れる」をイメージします。


こんな環境で私だったらどんなコーチングを受けたいかをイメージしました。

女房と2人でコーチングを受けてみるのもおもしろいかなと思いました。あと数年で結婚20年になります。結婚20周年のイベントに夫婦(ペア)コーチングを受けるというのもおもしろいかなー。多分、意外な発言があって、「へー」「へー」の連発かもですよね。

もうひとつイメージしたのは、おふくろにプレゼントしてみたい。一体、どんな会話になるんだろうか。

静かなぼそぼそとした語りのなかで、しっかりと自分に向き合い、時々目を閉じたり、天井をじっとみつめながら、自分だけの物語をその空間に紡ぎ出す、そんなイメージがあります。

私もあと数年したら、こんな企画がふさわしいコーチになれるよう、精進していきたい。

背筋がしゃんとなるようなアイデアをありがとうございます。 ^^
[PR]
by hangloose | 2007-05-17 00:40 | コーチング

視点を変える

f0057227_137119.jpg


いつもは
池の左側を歩いて右回りに一周するのに
今日は
池の右側を歩き始め、左回りに歩いた。

歩き慣れた道なのに
見慣れた景色なのに

歩く方向を変えただけで
その印象はがらりと変わる。

ほんと
いつも考えていることは
いつも考えているだけあって
思考がパタン化されるのかもしれない。


時々、そのパタンを自分で
壊してみる。
替えてみる。

きっと、新鮮な感覚が甦るだろう。
[PR]
by hangloose | 2007-05-13 01:43 | エトセトラ

NLPで花粉症が軽減!

やれやれ
やっと花粉症の季節も終ったようですね。

いつ報告しようか迷ってましたが、
そろそろ言わないと時期を失っちゃうということで。

NLPで花粉症を軽減することが出来ました。
時は、3月の8日。
渋谷でNLPのセッションをやっていただきました。

私は目と鼻に症状が出るタイプですが、それ以降
目の症状がぴたりと止まってくれました。

目がかゆくなってしまって、鏡を見ると目が真っ赤に充血してしまいます。会社でも30分に一回は顔を洗いたくなるほど。

実は、3月8日は別件で眼科の治療に行ってたんです。
でついでにと花粉症の目薬をもらってきた帰りだったのですが
結局、その目薬は使わずになりました。

セッションの中では、私が花粉症であることから得ていることは何だろうかということを私の体に問いかけていきました。

私の体が言っていることは「もっと体のことをいたわってよ」
「もっと私たちのことを考えてよ」ということでした。

ずっと、仕事、仕事、コーチング、コーチングで忙しくしていたからかな? と思いました。

そして、以下の2つのことを毎日やることになりました。
・朝15分は子供達とコミュニケーションをとること
・夜寝る前には15分ストレッチをすること

これらをやり始めて眼の症状はピタと止まりました。

偶然かも?   必然?  わかりませんが
眼の痒みがぴたりと止まったことは確かです。

ただし、鼻の方は相変わらずでした。

ですからセッションで私の問いかけに答えてくれた花粉症を引き起こしている体のパートは、眼のパートだったのかもしれません。

では鼻のパートに問いかけるというセッションをやれば、鼻の症状も良くなるのかなとも思いますが、そうすると、鼻のパート用にも、毎日2つ何かをやらなきゃいけないのかな?
そりゃ大変そうだな ということで、これ以上のセッションはやめておこうということにしました。 ^^

最近、花粉症の季節も終わりということで、約束した2つのこともさぼりがちです。

さぼったとしても、もう花粉症の季節ではないので花粉症がぶり返すわけではありませんが、やはり約束した2つのことは、とても良いことなので継続しようと、気持ちを新たにしています。

どうもありがとうございました。
[PR]
by hangloose | 2007-05-06 09:43 | NLP

バランスを保つ


3月の末に、家族旅行を計画していて
旅館も予約していた。

でも、3月の末は仕事がまた忙しくて
コーチング関係でもやるべきことが
たくさん。

おもいっきり、仕事モード&コーチングモード。

心の中の声は、「旅行に行ってる場合じゃないよね」
と。

で、旅行の2日前に
女房がインフルエンザでダウン。
あらら。

子供2人連れての旅行かー。
面倒くさいな。
そうは思ったけど、
まあ せっかくだから行ってみるかと、出発。

そのころは仕事で疲れていたのか、頭の回転も鈍かった。
考えても考えても、判断がニブイし、モチベーションも上がらない。

そんな中、車で家を出ると....
何も考えずに高速道路を車で走っているだけで
頭の中がスカッと。

天気はいいし、仕事を休んだ平日の昼間。

なにやら、いろいろなことが頭をかけめぐり
なにやら、テキパキと、わかっちゃうことや
決まっちゃうことが次々と。

目的地に着く3時間弱の間に
仕事後の夜に悶々と考えていた
ことについてすっきりと。

あはは あはは。
やはり、リフレッシュは大事なんだね。
とひとりで納得。

やはり人生ではバランスが大事だな。
それと、コーチングでいう「スペースを空ける」ですね。

元気に戻れて
よかった。よかった。

f0057227_22515079.jpg
 
[PR]
by hangloose | 2007-05-02 22:52 | エトセトラ