ブログトップ

気づきと対話の中から | コーチング,NLP,ファシリテーションetc

growidea.exblog.jp

<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

丘に登る

とあるコーチングセッションで、
クライアントさんがどうにもこうにも動けない状況だな
と思えることがあった。

どうも、目標自体が適切かどうかもわからないし、
じゃあその目標に進むとして、解決の道があるかと考えても、
四方八方塞がっている様子。

彼も私も、一生懸命、その問題を解く糸口を探しては
ため息をついてしまう。

そうやって時間が過ぎてしまったセッションがあった。


今、その時のことを思い出すと、
私も彼と一緒に答えを探すことをしてしまったな
と思える。
そして彼と一緒に迷路に入り込んでいった。。。。

それは、まるで、四方を高い山で囲まれた谷底にいて、
山の向こう側が見えずに苦しんでいたようなものだ。

私も彼も谷底にいるのだから、山の向こう側のことは
見えない。

どちらに向かって進めばいいかは谷底にいてはわからない。

私がコーチとしてすべきことは、
彼を丘に登らせることではなかったか
と思う。

丘に登る、または、山の頂上に登れば、下界がくっきりと
見えるのだから、あとはクライアントさんが自分の力で
どちらに進めばいいかは判断できると思う。

または、ふたりで丘の上に立ち、山の頂に立てば、
お互いに相談しながら、どちらに進もうかと会話が
滑らかに進むだろう。


クライアントは今、どこにいるのか?
自分もまた、どこにいるのか?

そのことに意識を向け、
クライアントが自分の力で答えを見つけられる位置とはどこか?
どうやったらその位置にまでたどりつくか?

このところを上手に出来るようになりたい。

そういえば、私のコーチは
このような状況で、
私の子供時代の楽しい出来事を聞くことで
私のエネルギーレベルをいつの間にか満タンにしてたっけ。


さあ、丘に登ろう。
[PR]
by hangloose | 2008-07-29 08:08 | コーチング

暑中見舞い申し上げます


暑い日が続きます。
睡眠とってますか?
お水をたっぷりと飲んでいますか?

どうか、お体を大切に。

f0057227_234443.jpg

[PR]
by hangloose | 2008-07-27 23:03 | エトセトラ

あなたがあたえる 大富豪ピンダーの夢をかなえる5つの秘密


f0057227_0421624.jpg


「あなたがあたえる 大富豪ピンダーの夢をかなえる5つの秘密」
ボブ・バーグ+ジョン・デイビッド・マン著、文藝春秋

amazonでは、ここです。


本屋で、この目立つイラストと、
「成功の秘密はあたえること」という文字に惹かれて
手にとって立ち読みを始めたら、すぐにこの本のおもしろさに惹きつけられました。

成功を手にしたい若者(ジョー)が、成功を手にした大富豪(ビンダー氏)に出会い、教えを受ける
・・・・・・よくあるパタンの寓話形式で話は進み、ジョーは5人の成功者に会い(実は4人?)、5つの教えを受けます。

本田健さんの「ユダヤ人 大富豪の教え」やケン・ブランチャードの「ザ・ビジョン」をおもしろく読んだ方なら、この寓話の中に夢中になって入っていけるでしょう。

5つの秘密とは、特別なことではなく、読むと、なんだ、こんなことか・・・・他の本でもよく言われていることだなと思うことばかり。

だけど、それだからこそ、「やっぱりそうなんだよね」
と思えてくるし、この本で言っている5つの秘密を実践して生きていくなんて素敵じゃないかと思えてくる。

成功か成功でないかを決めるのも結局は自分の心だもの。

いつも与える人でいたいな、そしてこの大富豪ビンター氏のように楽しく生きていきたいなと、その想いを胸にしっかりと刻みました。
[PR]
by hangloose | 2008-07-22 00:44 | 本の紹介

25 years ago.

25年前に買った本を久しぶりに読み返すと
こう書かれている。
(「全生命のためのテクノロジー」めるくまーく社、1983年刊)


本当に美しく、
透明で、
そこに立つだけで
心を洗われるような
生の自然に触れたことがあるだろうか?

緑したたる原生の木々やシダ類、
苔むした岩をぬってほとばしる清流、
ふりそそぐ陽の光、
そしてすべてが息づき、
生命の歓びに震えている。

もし、そんな場所をときたま訪れるだけでなく、
その中で生きるとしたら
さらに、もし、
何人もの人間たちがそこに集落を作るとしたら、
現在の知恵と技術の範囲内で、
いったいどんな生活を営むべきだろう?

あるいは、こう言いかえてもいい。
もし、今われわれが自然のままの地球に降り立ったとしたら、
この青く美しい惑星の上に
どのようなコロニーを作るだろうか?


ひょんなことから、プラブッダの書いた
この25年前に出会った素敵な言葉に
再会した。

そして、この25年の歳月の中で
自分の中に確実に起こった変化をも
感じている。

それは、前述の知恵と技術の中に
人と人が交わすコミュニケーションというものが
追加されてきたという認識である。


想像してみる。この地球の中で
あらゆるコミュニケーションから
誤解や無視や対立が消えた時の事を。
否定や強制や不信が消えた時の事を。


そう、私たちが何のために、コーチングや
セラピーやNLPに心惹かれていっているのか、
それは、次の問いに誘われているのだ。
そう思うと、もう一度大きく深呼吸して、背筋を伸ばしてみたくなる。

=======================================================
もし、今われわれが自然のままの地球に降り立ったとしたら、
この青く美しい惑星の上に
どのようなコミュニケーションを育むだろうか?
どのような会話を展開するだろうか?

今あるものから、
どのようなコミュニケーションは消えていき
どのようなコミュニケーションが普及していくだろうか
=======================================================

この深淵な謎解きゲームは始まったばかり。
誰でもが参加できますよ。
Let's join us.
[PR]
by hangloose | 2008-07-07 00:30 | エトセトラ

ポジティブな言葉

Myコーチとセッションして、
指摘いただいたのが、
ネガティブな言葉目立ってきているということ。

話す前から、一言、言い訳の言葉を入れたりしている。

「できるかどうか、わからないけどー」
「絵に描いた餅みたいなことだけどー」

それに、出来ない理由のオンパレード。

出来る理由のリストは短くて
出来ない理由のリストは長い(笑)。

ということで、ここしばらくは
自分の言葉、特に、ひとりで考えている時の
頭の中に着目して、
ネガティブな発想や言葉があったら、
それをポジティブな言葉に置き換える。
そこをやっていこう。

子供とも約束をした。
「お父さんが言い訳したら罰金10円ね」


少しでも暇があったりしたら、
現状の足りているところや、
感謝すべき点を
思い描こう。


今だって、「完璧な今なんだ」^^
[PR]
by hangloose | 2008-07-03 06:46 | コーチング