ブログトップ

気づきと対話の中から | コーチング,NLP,ファシリテーションetc

growidea.exblog.jp

<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Coaching2008の学び


Coaching2008から一週間。

あわただしい日々の中で、あの日のことが消えそうになる。

しっかりと言葉にして、脳裏に刻みましょう。

----------------------------------------------------
基調講演 Beyond the Ordinary
     コーブス ニースリング
----------------------------------------------------

・マインドを広くすると、人生を変える瞬間に出会える。

・Do(行動)を続けると、Be(習慣)になる。
  Doは努力が必要だが、Beになると要らない。

・コーチはクライアントのクリエイティビティを引き上げる。
 以下のレベルからの脱却をサポートする。
   ・苦悩、苦悶
   ・無気力、無関心
   ・マイナス思考、悲観主義
   ・ストレス、問題
 チャンスを見つめる事が大事。

・人は、人生の一瞬を人生そのもののように思いがち。
 辛い状況だって、それは永遠に続くわけではない。

・人が存在するのは「奇跡」を起こすためにいる。
・その人の中にある「小さな奇跡」を起こすためにいる。
・コーチはクライアントが奇跡を起こすのをサポートする。


----------------------------------------------------
分科会 コーアクティブ・コーチング
    CTIジャパン 島村剛
----------------------------------------------------

◇受けた印象

・とても丁寧な言葉使い。
  ・「お届けしたい」「お持ち帰りいただきたい」etc
  ・この場に招かれている感覚。
  ・大事にされている感覚。

・筋書きを手放すセミナー進行。今、ここで起こっていることを
大事に扱う。どこにいこうとしているかの共有化と相互理解。


◇ログ
・事柄や問題ではなく、人に焦点を当てる。
 ・事柄や問題に関心を寄せると、一緒に解決策を考えてしまう。
   
・コーチとクライアントは対等な関係が大事。コーチングが
うまくいったとしたら、それはコーチに力があるのではなく、
その関係性に力があるということ。

・3つのポイント
 1)意図的な協働関係
 2)人はもともと完全な存在で自らの答えを持っている
 3)大きな主題

・コーチはクライアントの大きな主題を大切に扱う。大きな主題
とは「最も壮大な自分自身への進化を呼び覚ますもの」。
・コーチはクライアントの進化の可能性を信じ抜き、心を尽くして
支援する。同時に「そうでないその人」をも受け入れる。

・ワークで使われた質問。

 「あなたがその本領を発揮したら何が起こりますか?」


----------------------------------------------------
分科会 コーチは人と組織をクリエイティブにする
    森川里美
----------------------------------------------------

・人はすぐに深刻壺に入ってしまう。
  ・気を楽にするスキルが有効。

  「あなたが会社に行かなくてもだれも困らないわよ」
  
・心のブレーキを外せれば、人はクリエイティブになれる。
 
・人は思い通りになると思っている。思い通りにいかないとき
 人は「避難者の道」と「学習者の道」のどちらかを進む。

・人は考えていると思ってもそうではないことが多い。
  考える・・・・・前に進む
  悩む・・・・・・前に進まない


 END
[PR]
by hangloose | 2008-09-27 21:38 | コーチング

家族の強み

昨日、今日と、文化祭を開催している都立高校が多く、
そのうちの一校を見学しに、女房と出かけた。

次男はまだ中学2年だから受験までには1年以上有る。

彼がどんな高校生になっていくかを勝手に想像しながら、
白いきれいな校舎を歩いた。

素敵な友達と出会い、両手いっぱいの思い出を作って欲しい。

長男も次男も、どんな性格か、どんな強みがあるかを考えていたら、
ストレングスファインダーをやりたくなってきたので、
やってみました。

おもしろい。
結構予想外の資質が現れてきました。

◇長男
・自我
・目標志向
・調和性
・最上志向
・包含

◇次男
・適応性
・社交性
・成長促進
・ポジティブ
・包含

◇女房
・適応性
・調和性
・回復志向
・公平性
・共感性

◇はんぐ
・最上志向
・戦略性
・責任感
・学習欲
・未来指向

私と長男は、「今」よりも「未来」に焦点を当てるタイプ。
女房と次男は、「未来」よりも「今」を大切にするタイプ。

長男は「自我」がトップなので、褒められること、注目を浴びることが大好きな様子。叱っても、効き目はありそうにないですね。
褒めて褒めて、踊らせちゃいましょうか。 ^^


次男は、「ポジティブ」「社交性」「適応性」などがあることから、
人との関わりあいのところで、まとめ役をやったり、世話役をやると
能力を発揮しそうです。


ここしばらくは、家族の強みに意識して日常の行動や判断を観察してみましょう。
[PR]
by hangloose | 2008-09-15 22:51 | コーチング

World Cafeの初ホスト


先月の8月28日に、World Cafeの初ホストをしてきました。

f0057227_11272277.jpg


World Cafeというのは、人々が集い話し合いをする運営手法のひとつで、Cafeのようにくつろいだ空間を提供することにその特徴があります。

もっと知りたい!という人はここを見てくださいね。

通常の会議ですと、その進行役の人はファシリテータと呼ばれますが、World Cafeでは、
人を招き、もてなす感覚を大事にするので、進行役をホストと呼びます。

また、話し合い方の特徴としては、ずっと固定したメンバーと会話するのではなく、20分~30分単位で異なった人とテーブルを囲み、話し合いをします。
今回は、20分の会話を3ラウンド行いました。
そのとき、一人の人は、同じテーブルに留まり、そのテーブルのホストとなります。そして、他のテーブルから訪れて来た人をもてなします。
ホストは、さきほどまでこのテーブルでどのような会話が話されていたかをゲストの人に紹介します。

話をするときは、用意されたトーキング・オブジェクトというものを手に持って話をします。
今回は、小さなふくろうの人形でした。
それを持っていない人は話をしてはいけません。
このようにして、同じ時に複数の人の声が重なることはありません。
話終わった人は、トーキング・オブジェクトをテーブルに置きます。
次に話し合い方は、そのオブジェクトを手にしてから話し始めます。

ホスト役を体験してみて、感じたことは2つありました。

1.4人のテーブルで20分はぎりぎり。
4人が順番に話すと20分は最低かかりますね。15分だと、まだ4人目が話し中の場合が多くありました。余裕を持って1ラウンドを30分でデザインするのが良いと思いました。

2.控えめな発言
各テーブルを回って、どんな会話がくりひろげられているか耳を澄ましていると、おもしろいことに気がつきました。
「ちょっと、今こんなことを感じたんですが・・・・・・・」
「もしかしたら、こんなことがあるのではないかなと気づいたんですが・・・・」
など、控えめな、自信なさげな発言が耳に入ってきました。
今、そこに生まれたばかりのことに意識を向けると、それは絶対的な存在ではなく、
まさに自信なさげに漂い始めたばかりのものという感覚なのでしょう。
その自信なさげな控えめな表現のほうが,他の人には受け入れやすいものであるように感じました。 このことは三澤文紀先生がリフレクティング・プロセスの演習で、リフレクティングチームが会話をするときに、大事なポイントとして指摘していたことと重なっていることを思いだしました。

もっともっとホスト役を体験して、学びを深めたいと思いました。
[PR]
by hangloose | 2008-09-13 11:27 | エトセトラ

ビリーフの書き換え

先週の土曜日は、マイミクである高田天朗コーチのセミナーに。

どんなネタをやるのか知らなかったけど、蓋を開けたらビックリ。

「論理療法によるビリーフの書き換え」

ビリーフとは、信念とか信じていること、思いこみのこと。

たいていはそれがあることが役立っているけれども、
時にはそれが何かのじゃまをするというもの。

そういう時は、それがじゃまをしないように書き換えましょうというもの。


以前、コーチ仲間に「論理療法を用いて自分の信念を書き換えたいから手伝ってくれ」と言われて、冷や汗をかきながら電話でガイドしたことを思い出しました。

さて、土曜日は、始めてお会いした素敵な方とペアワークして、
なんとも、おもしろい自分のビリーフと出会うことが出来ました。

それは
「自分が好きなことをするときっとだれかが悲しむから、ほどほどにしなさい」
というもの。

笑ってしまいますよね。
ずいぶんとおかしな理屈ですね。

自分のやりたいことをすると、誰かが悲しむなんて、勝手な思いこみ以外の何者でもないですよね。

やる前から決めつけているなんて。

親が心配するだろうなとか、
女房が反対するだろうなとか。

勝手に決めつけて、だから、今の状態が一番いいのだと
言い聞かせている自分がいます。

でも、そうやって、自分のやりたいことに蓋をしている自分がいるということは前からうすうすと気がついていました。

さてさて、この日は、このビリーフを見つけるところでタイムアップとなりました。

どういうビリーフに書き換えれば、ありたい自分に近づくことが出来るか・・・・・・・

焦らずに、ゆっくりと考えていきたいなと思っています。

この「へんてこな信念」を見つけたことは、ほんと痛快な出来事でした。


自分を振り返る良い機会をいただきました。
ありがとうー。
[PR]
by hangloose | 2008-09-12 01:56 | コーチング

とってもお得な2分間

木曜日の朝は、CTPのクラスでした。

「フィードバック・アドバンス」

その日のテーマは、その人の優位感覚に応じた
フィードバックをするというもの。

そのためには、ともかく誰かに何かを話してもらわなければね
ということになり、クラスコーチが話し手を募集します。

誰も立候補がいなかったので、私が話をすることに。

時間は2分間。
お題は、「あなたは1年後にコーチングスキルをどのように活かしていますか?」。

頭の中では「まあ会社の中で活用しているイメージを話せば2分くらい過ぎるだろう」という軽い気持ちでした。

ストップウオッチを手にとって話始めたら、自分でも驚いちゃう
くらいイメージがすらすら浮かんで来ました。

週に1回、毎日3回、一回5分など、部下と交わしているコミュニケーションの数量もすらすらと出てきてしまいます。

まるで自分が二人いるようでした。

一人はストップウオッチを持って2分まであと何秒かを冷静に意識している自分。

もうひとりは、語っている自分。

これだからコーチングはたまらないのかもしれません。

2分前には、漠然とも考えていなかったことが、
あれよ あれよと 堰を切るかのごとく、動き出す。

イメージがどんどんふくらんでいき、本人の意識が追いつくまえに、
どんどん先に動いていく瞬間です。

まったくお得な2分間でした。

きっとコーヒーショップで1時間ひとりで考え込んでも
得られたようなイメージは得られなかったと思います。

何を話しても受け止めてくれる・・・・・
そういった安心して自分を開くことの出来る場であったから、
自分の中から言葉が、イメージがどんどん出てきたんだな
と思います。

そして、あとで気がついたことなんですが、この日の前日の朝に
Myコーチからコーチングを受けていたことが影響していたように
思います。

そのときのセッションでは私の数年後のビジョンを語っていたのですが「はんぐさん、せっかくだから今学んでいるコーチングスキルを会社の中でもっと活用したらどうですか?」と言われて返事に困っていました。

・・・いや、それなりにがんばっているよ。それじゃあ何もしていないみたいな言い方じゃないかetc
・・・いやー、なかなか手強い上司がいて、私の好きにさせてくれないんだよ。この人との軋轢を語り出したら長くなるから止めておこうetc


どうにもすっきりとしない気持ちでセッションを終え、その日は何回もそのことを思い出していました。電車の中で、昼休みに、トイレに向かっている途中(笑)。帰り道。etc

会社の中で努力をしていない自分、言い訳している自分、そしてそのような弱みに遠慮無く突っこんでくるコーチへのいらだちetc

でも、振り返ってみると、そのどうにもすっきりとしない、そのコーチングのおかげで自分の中では、無意識のうちにいろいろと考えていたようなんです。

次回同じ話題になったらコーチになんと話そう・・・・そんなことを無意識にも考えていたように思います。

そのような伏線があって、木曜の朝は2分間で、ぱっとイメージが膨らんだのだと思えます。

そのように思うと、いろいろな事が腑に落ちてきます。

もやもやとすっきりとしないコーチングの意味が。

myコーチは私の脳にレセプターを開いたんですね。きっと。
myコーチは私の脳に「種」を植えたんですね。きっと。


このように、コーチングはセッションの時間だけでは評価しきれないおもしろさがあることを再認識出来ました。


私もクライアントさんと向き合う時には、
「その人の未来、将来を想定して、その人にどんなレセプターが開いたらもっと素敵になるか、もっとその人の望む姿になるかを考えて、刺激を与えることのできるコーチになりたい」
なんて思いを強くしました。


さあ、イメージが出たからには行動ですね。

クラスでいただいたフィードバックには
「とても熱い気持ちが伝わってきました」
「話をしていくうちに、部下に対する優しいおもいやりの気持ちが膨らんでいったように聞こえました」
など、ありがたい言葉がいっぱいありました。

「それほど真面目に考えているわけじゃないんだけどね」
と言い訳をすぐにしちゃう自分にもすぐに気づくことも出来ました。

そうなんです。

意識の上ではいろいろと否定したがるけど
無意識の世界の私は、本当に部下思いの良い上司なんです。(笑)

意識の下に眠っている自分そのものをもっと認めて、愛してあげよう、そんな思いも生まれてきました。


思えば、本当にいろいろなことを考えた、お得な一週間でした。
[PR]
by hangloose | 2008-09-06 12:18 | コーチング