「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

気づきと対話の中から | コーチング,NLP,ファシリテーションetc

growidea.exblog.jp

<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

成功者の定義



金曜日に、本屋で立ち読みをしていたら、
引き込まれる文章があったので、手にとってレジへ。

「望みの人生を引き寄せる秘宝 ザ・ストレンジスト・シークレット」
アール・ナイチンゲール著、林望訳、徳間書店

私が引き込まれたのは、このあたり。

===== 引用 =====

成功する唯一の人は、「価値ある理想をひとつひとつ実行している人」です。

「自分はこうなる」と言い、その目標に向かって働き始める人です。

成功者とは誰なのかを言いましょう。

成功者とは、そうしたいがために学校で教えている教師です。
成功者とは、妻であり母でありたいがために、妻になり、母になり、よい仕事をしている女性です。
成功者とは、やると決めたがために仕事にじっくりと取り組む人のことです。じっくりです。

===== 引用終わり =====


この言葉がまだ、脳裏にしっかりと定着している今日、
こんな場面に出会いました。

富士山の裾野、河口湖で行われた河口湖マラソンで、
私は友人がゴールに向かってやってくるのを沿道で待っていました。

河口湖マラソンでは、交通規制上の時間制限があって、スタートから6時間までにゴール出来ないと時間切れで失格となります。その人達は、途中で車に乗せてもらってゴール地点に運んでもらいます。

もうほとんど走っている人がいなくなって、ああ、もうみんな時間切れの判定をされちゃったのかなと思い、私も帰り支度をしていた時です。
遠くの交差点から、パトカーとワゴン車がゆっくりとやってきました。
ああ、あのパトカーが時間切れのペースメーカーなんだろうなと思いました。

パトカーが近づいてきてわかったのですが、ゆっくりと進むパトカーの前に、ひとりのランナーが走っています。おそらく彼がこのレースの最後尾のランナーのようです。

年は70歳くらいでしょうか。ゆっくりとですがしっかりとした足取りでした。

あわてることもなく、苦しむこともなく、淡々とゴールに向かって進んでいるようでした。

さきほどまで多くのランナーが走り、声援の声が飛び交った沿道も静かです。

青い空、白い雪化粧が眩しい富士山、グレーのアスファルト、まるで静止画のような景色の中で、彼とそのうしろのパトカーだけが、静かに静かに動いていました。

その光景を見たときに、さきほどのナイチンゲールの言葉が私なりに分かったような気がしました。

彼がその成功者だと。

ゴールに向けて、一歩一歩進んでいる。
そうしたいがために、6時間も。
何時間かかってもきっと走るのはやめないだろう。

彼が、どこに住み、どんな生活をしているかはわからないし、それは成功とは関係ないことなんでしょうね。

彼の走る姿を見ていたのは、おそらく3分くらいだっと思います。

自分だったら、後ろにパトカーがついて、そんな状況の中で、
マイペースで走り続けられるでしょうか?

金曜日に成功について考えさせられる本に出会い、日曜日に成功者に出会う。

とても実りある秋の日々でした。
[PR]
by hangloose | 2008-11-30 01:19 | エトセトラ

素敵な言葉

amazonから届いた本に
ちょっとドキドキしながら
読み進めると、こんな素敵な言葉に出会いました。

I believe we can change the world
if we start listening to one another again.

Simple, honest, human conversation.

Not mediation, negotiation, problen-solving,
debate, or public meetings.

Simple, truthful conversation
where we each have a chance to speak,
we each feel heard, and we each listen well.

---- margaret j. wheatley -----

turning to one another

-------

私は信じます。

私たちが再び、お互いのことを聞き始めるならば
私たちはこの世界を変えることができると。

シンプルで、正直な、人と人との会話。

調停でなく、交渉でもなく、問題解決でもなく、
ディベイトでもなく、集会でもない。

シンプルで、真実に満ちた会話。

そこで私たちひとりひとりは、話すことのチャンスを得て、
そこで私たちひとりひとりは、聞いてもらっていると感じる、
そこで私たちひとりひとりは、しっかりと聴いている。

-------

そうなんだよね。
大事なことはシンプルなんだ。


昨日、長男が私に話しかけて来た。
私は、彼のメッセージを大切に受け取らずに
からかい半分で投げ返してしまった。

どうして、受け取ってあげなかったんだろう。
どうして、大切にしてあげれなかったんだろう。

深い理由があるわけじゃない。

明日は、大切に受け取ろう。
[PR]
by hangloose | 2008-11-28 01:14 | エトセトラ