ブログトップ

気づきと対話の中から | コーチング,NLP,ファシリテーションetc

growidea.exblog.jp

<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ダブル・ディスクリプション・モデル

日曜日は すごーく久しぶりにブリーフコーチング研究会の勉強会に。

初めての会場で、都営新宿線の「浜町」でどうやっていけばいいんだろうと途方にくれていたら、iコーチとHさんとばったり。

Hさんの案内で何の苦労もなく、会場に。 ラッキー。

若島孔文先生の「ダブル・ディスクリプション・モデル」を学ぶ。

それは何?という人には、私ではうまく解説できないので、
これをどうぞ。
http://www.geocities.jp/interactionalview/familytherapy.html

ダブルは「二重」、ディスクリプションとは「記述」。

簡単に言うと、2つの方法論を組み合わせて、包括的なアプローチをしようというもの。

今回は、MRIの構造モデル(うまくいっていない悪循環を断ち切る)と、SFA(ソリューションフォーカス)の例外探し(うまくいっている例外を拾う)の組み合わせ。

実践が勝負! ということで早速30人ほどでロールプレイ。

高校1年生の男の子が夏休みを境に学校に行かなくなった。「メシ!」といったり「お金をよこせ!」といっては母に暴力を振るうようになった。中学2年生の妹と、仕事ばかりで家庭のことに感心のない父親、という事例を検討する。

男の子の役、お母さんの役、妹の役、お父さんの役とセラピスト2名でロールプレイ。他の人達はギャラリー。

途中、しばし若島先生からのアドバイスあったり、状況の解説あったり、駄洒落があったり。

だいたい、どんな家族かが浮かび上がったところで終了。

そのあと、ギャラリーとして見ていた人達だけで、どんな介入を提案するかを話し合う。

介入プランが出たところで、全体を3グループに分けて、ロールプレイをおこなった。私は第2グループのサブセラピスト。

お父さん、お母さん、男の子、妹、それぞれが迫真の演技。

我がチームの介入案は、全体話し合いの案と基本路線は同じだけど、ちょっと独自性を出して、
 「夫婦揃って社交ダンスを始めたらどうですか?」
というもの。

全体話し合いのプランは、夫婦で温泉旅行、週末に夫婦で散歩するなど。考えは同じで、母親からの息子に対する強い関係を弱め、夫婦間の関係を強めようという点。

お母さん大喜び。
息子は、「勝手にしろよ」と
お父さんは、「昔やっていたんだよ」

まあ、演習ですからハッピーエンド。

さて、夫婦そろって行ってきてください。w

我が家に帰って女房に報告。

うちも行きますかな。
 
ところで、その日ずっと気になっていたのが

当日のワークのどこにソリューション・フォーカスが入っていたのか?

ということでした。

終わってから、若島先生に聞こうと思っていたのだけど、先生はみんなの質問責めで多忙。

運営スタッフのひとりに聞きました。

「コンプリメント」がたっぷりと入っていたでしょ?

ああ、そうでした。

各グループのワークを回りながら、若島先生が言っていました。

「もっとコンプリメントして!」

「家族で相談に来たことはもう解決が始まっているんだよ。よく来たよね。」


コンプリメントについては、ここらあたりをどうぞ。


f0057227_7262037.jpg

[PR]
by hangloose | 2009-10-29 07:26 | ブリーフ・セラピー

放送大学の強い味方

私が選択した、臨床心理系の授業は、FMラジオで、
平日の昼間(14:30--15:15)だから、仕事中は授業を聞くことが出来ない。

本だけ読んでも、ちょっと気持ちが出ないなとモチベーションが上がりません。


ネットで検索したら、あるじゃないですか。

パソコンで聞けるFMラジオのソフト。
番組予約も出来ます。

ということで昨日、ヨドバシに行って買ってきました。
http://www.novac.co.jp/products/hardware/nv-radio/nv-ur001/index.html 昨日の夜は番組予約をして、さきほど今日のお昼の番組の録音を再生してみました。

音もきれいで十分役に立ちます。

mp3形式で録音されますので、mp3プレイヤに転送して、通勤の時に聞く予定です。

45分の番組で、ファイルサイズは41MBでした。

さあ 楽しくなってきましたーw
[PR]
by hangloose | 2009-10-23 23:15 | エトセトラ