「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

気づきと対話の中から | コーチング,NLP,ファシリテーションetc

growidea.exblog.jp

<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

森先生の気質論

今日は、ブリーフ・セラピー研究会+日本ソリューショントーク協会の合同セミナー。

森俊夫先生の「気質論」。

内容は、黒沢幸子先生と展開している気質論。
クレッチマーの3気質にヒステリー気質を加えた4気質。

先生は、気質の話をする前に、釘をしっかりとさしました。

一つ目は、ミルトン・エリクソン。彼がいつも言っていたことは、人間ひとりひとり違うからそれに応じたセラピーが必要。理論から人を見てはいけないという事。

二つ目はギリシャ時代の「プロクルステスの寝台」という話。患者をベットに寝かせるが、全ての人をベットサイズに合わせてしまうという恐ろしいお医者さんの話。背が短い人は頭や足を伸ばしてしまうし、背が高かったり、太ってベットからはみ出ている人は、はみ出ている部分を切り落としてしまうという。足りない部分やはみ出ている部分がその人の個性なんだから臨床家が一番やってはいけないことと言われました。

幹が一般理論で、枝葉は理論に合わない部分、そこが人の個性だと。

そして、でもいきなり、100人それぞれに対応は難しいから、ある程度のパタン化は必要だよねとにやりと笑って、気質論に入りました。

気質は生物学的な話。遺伝子レベルが決定するもので、生涯変化しないものらしい。

パーソナリティや性格は、後天的・環境的に獲得したものらしい。

気質だけを取り扱いたくても、環境や後天的に得たものと先天的な気質とを分類出来ないので、気質の研究をしても証拠(エビデンス)がないので1920年代にクレッチマーが気質論を展開後、ほとんど発展していないらしい。

原因がわからないものは精神疾患と呼ばれ、原因がわかると身体疾患にまわされる。だから臨床家が扱うものは原因がはっきりと分からないものだらけ。そのときに気質が役に立つ(かもしれない)。

状態を見て診断することは落とし穴があることを言われた。

うつの症状だからといってうつ病とは限らない。
うつ病だったらうつになるけど、うつだからうつ病ではない。

統合失調症でもうつの症状になる。
間違えて抗うつ剤を統合失調症の人に与えたって良くはならない。

4つの気質は
 分裂気質(調子をくずすと統合失調症になるタイプ)
 循環気質(調子をくずすと躁うつ病になるタイプ)
 粘着気質(調子をくずすとてんかんを起こすタイプ)
 ヒステリー気質(調子をくずすとヒステリーを起こすタイプ)

それぞれの特徴を説明してくれました。

やっぱり、自分の気質は自分では分からないらしい。
他人に聞くしかないらしい。

関心事が自分にあるのが分裂気質。相手に感心があるのが循環気質で、粘着気質は人でなく、「モノ・コト」に関心がある。ヒステリー気質は、人と人との関係性に関心が強く、自然と人とかけひきをしてしまうタイプ。

いっぺんに複数の事が出来ないタイプは分裂気質。この人達は三角食べが出来ないらしい。循環気質はいっぺんに複数やるのが得意。

分裂気質にはエリスの論理療法がよく機能して、循環気質にはロジャース、粘着気質にはパールズやゲシュタルト療法が合うと言う。

各心理療法を始めた人の気質がその療法の強みになるという。つまり、ロジャースは循環気質であるから、循環気質の人に効く療法を考えられたと言っていた。

ヒステリー気質の説明をしていて、可笑しかった。

「わかる?」

「わかるよね」

「今の説明で納得できた人はヒステリー気質を持っている人だよ」

「分からない人はそれでいいんだよ。わかろうとしなくても」

「気質が違うからその感覚はわからないから」 

わからない人はヒステリー気質を持っていない人だと言う。わかる人は、ヒステリー気質があるからこそ理解できちゃうらしい。

ということで、まだまだメモは続くなあ。

今日はこのあたりで終わり。


では。 
[PR]
by hangloose | 2010-01-31 22:53 | セミナー

未来を創るワークショップ2010

皆さん こんにちは。

私がスタッフとして参加している、ワークショップを紹介させてください。

ワールド・カフェ、AppreciativeInquiry、OpenSpaceTechnology,TheCircleなど対話を生み出すためのさまざまな手法を組み合わせてプログラムを構成してみました。グラフィックレコードは、ゆにさんとなほさんのお二人が参加してくれます。

このワークショップを契機に、この日本で"対話"が拡がっていくことを願っています。

昨年度は、横浜のBANKARTで開催しました。
昨年度の様子=>http://positivelearning.seesaa.net/article/112872159.html

今年は、東京の東京大学弥生講堂で開催します。
Max80名が定員ですので、昨年より少し人数は少なくなります。
お早めにお申し込み下さい。

当日、私はお茶&ご飯担当です。

お気軽にお声かけください。 ^^
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   未来を創るワークショップ2010
   **~未来を創るって何?~**
   詳細はこちら
                                            ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

【日  時】
 ・2010年2月20日(土) 9時~18時 
 ・2010年2月21日(日) 9時~18時30分

【会  場】
  ・東京大学弥生講堂アネックス
   ※南北線「東大前駅」徒歩1分
  地図

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■プログラム内容
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
◆2月20日(土)
 1.カフェ・タイム
 2.ゲストトーク&ワールド・カフェ
   ゲスト:榎本 英剛氏(CTIジャパン創設者)
 3.ランチOST
 4.AI(Appreciative Inquiry)で未来を創るダイアログ
 5.クロージング
◆2月21日(日)
 1.カフェ・タイム
 2.オープニング&グラフィック・ダイアログ
  「グラフィックレコーディング」&「プロセスレコーディング」
  という2つのレコーディングによる前日のフィードバックと対話。
 3.OSTで共に創り上げるダイアログ
 4.カフェ・タイム&お楽しみイベント
 5.ワールド・カフェ・ダイアログ
  ~共に見る未来を創造しよう~
 6.クロージング
◆連動企画として前夜祭もあります!!
2月19日(金)19時-21時
2009の様子をスライドショーとトークを元にワールド・カフェ前夜祭!
昨年の様子

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
■参加費
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
・25,000円 ※2日間通しての料金で、
       2日間の昼食代を含みます。
         
 ◎スタッフ料金(2日間15,000円)を用意しております。
  広報、レポート作成や当日運営のお手伝いをしていただきます。

  ※一部セッションに参加できない可能性が有ります。
  ※人数制限有
  スタッフ希望の方は[info.futurews2010@gmail.com]まで
  タイトル『2010スタッフ希望』本文に
  1.お名前
  2.メールアドレス
  3.連絡先
  を記載してください。

■■【詳 細 & 申込み】━━━━━━━━━━━━━━━━■■

詳細=>詳細はこちら

申し込み=>申し込みはこちら

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■

□ご協力のお願い
未来を創るワークショップでは、マイ箸、マイコップの持参をお願
いしています。
それぞれの準備はしておりますが、環境配慮のためお持ちいただけ
るとうれしいです。

【主 催】「未来を創るワークショップ2010」企画運営委員会
【協 催】ダイアログBar

-----------------------------------------------------------------
[PR]
by hangloose | 2010-01-31 22:42 | エトセトラ

ご案内 1/25 Bob Stilger氏来日講演

”ワールド・カフェ”という対話の方法を知り、
自分でも実践していく中で、
知りたくてたまらないこと、
手にしたくてたまらないことが
心の中で膨らんできました。

それは、

どうやったら人は安心して心を開いて話し合えるだろうか?

どうやったら人が安心して心を開いていく場を提供できるだろうか?

といった問いです。

普段は自分でもなかなかアクセスすることの出来ない
心の中心部までアクセスできるような安心できる場

そしてそこで見つけた事をためらうことなしに投げかけられる
開かれた場

そのような場で、人と人が語り合うことができれば、
もっと自分の中に何かをする勇気が生まれてくるだろうし
もっと誰かを応援したくなる気持ちが生まれてくるだろう
と思っています。

ワールド・カフェをする度に、
最初は硬い表情だった人が
会話が進むうちに、とても素敵な笑顔になっていく・・・
その変容の有様を見かけるにつれて、
もっと人と人が楽しく会話できる場を作りたい、
もっとオープンな場を作りたい
という渇望が私の中で膨らんできています。

そのようなことを感じていたこの1年でしたが、
この間にずっと、興味を持ってHPを眺めていた
「Art of Hosting」 というワークショップがあります。

この度、友人の西村ゆうやさんのがんばりで、
その「Art of Hosting」というワークショップを
ファシリテーションしているBob Stilger(ボブ スティルガー)さん
を日本に招くことが出来ました。

1/25(月)に都内で
 彼の話を聞いてワールドカフェをしよう
といった集まりがあります。

通訳がつきますので、英語が分からなくても大丈夫です。^^
また、ワールドカフェでは、英語で話すテーブルもいくつか用意
しますので、英語で直接Bobと会話したいと思う方もチャンスだと
思います。

コミュニティ・ビルディングやグループ・ファシリテーション
に興味がおありならば、彼の話から学べることがたくさんあると
思います。

詳細のインフォメーションおよび申し込みは、
http://positivelearning.seesaa.net/article/137512311.html
です。

この分野に興味を持っている方々がたくさん集い、彼も喜ぶし、
私たちも喜び、素敵な果実がこの場から産まれることを願っています。

是非ぜひ ご参加ください。

ボブ スティグラーさんからのメッセージをいただいています。
是非、一読ください。

http://dialog-bar.net/events0125bob.html

何回読んでも、彼のスピリットにジーンと来ます。


では 当日、お会いしましょう。
[PR]
by hangloose | 2010-01-10 13:37 | ワールド・カフェ

2010年 新年の願い

ここに集う皆様

明けましておめでとうございます。

昨年はいろいろとお世話になりました。

皆さんの日記を拝見し、感動や気づきをいただいたり、
皆さんの活動から、勇気や気づきをいただいたり、
私の日記に学びや気づきにつながるコメントを残していただいたり、
ご飯やお酒につきあっていただいたり・・・・・・ 

感謝の念に絶えません。

本年もよろしくお願いいたします。



東京の元旦は、雲ひとつない晴天でした。

この1年、今日の日のような澄み切った心ですごせたらなと思いました。

夜は夜で、きれいな満月です。

この1年、今日の満月のように、何を求めるわけでもなく、人々の足元を照らし続ける存在でありたいなと思いました。


今日書いた年賀状に新年の願いを3つ書きました。

1)コーチングと”対話”を通じて、世の中がもっと喜びと感謝に包まれていきますように。

2)比較や評価ではなしに、ひとりひとりの想いを受け入れられる広い器を誰もが持てますように。

3)この社会から「ひとりぼっち」「がまん」「あきらめ」「ためらい」が早くなくなりますように。


この願いが叶うよう、コーチングやワールドカフェなど、人と人との対話の場を増やすことに、私もマイペースながら貢献していきます。


どうか今年1年、よろしくお付き合いください。
[PR]
by hangloose | 2010-01-01 22:56 | エトセトラ