「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

気づきと対話の中から | コーチング,NLP,ファシリテーションetc

growidea.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Mojo by マーシャル・ゴールドスミス

■ 「Mojo」マーシャル・ゴールドスミス著、斎藤聖美訳、日本経済新聞出版社



amazonのページはこちら

「Mojo」

日本版での本の正式なタイトルは「コーチングの神様が教える「前向き思考」の見つけ方」です。うーむ、長い....... 原題の「Mojo」で紹介させてください。

Mojo? どこかで聞いたことあるなという方はBlues好きの方かもしれません。「Mojo」とは、アメリカ黒人の中で信者が多いブードゥー教で言われている「お守り」のようなもので、超自然的な力を持ったもの(ツキ、幸運のような)を意味するもので、Bluesの歌詞の中で良く登場する言葉のようです。 Muddy Watersが歌う”I got My Mojo walking”という歌が有名ですね。

Muddy Waters on Youtube


著者は、「今自分がしていることに前向きな気持ちを持つこと。それは自分の心の内から始まり、外に輝き出るもの」と定義しています。

また、「目的を持って、力強い、前向きなことをする瞬間である」「前向きな心、流れを指す」とも言ってます。

その例として、1956年のニューポート・ジャズ・フェスティバルでのデューク・エリントンの演奏を紹介しています。

また、前半負けていたバスケットボールのチームが後半に逆転するまでの時間の中に「Mojo」があると説明しています。

著者は仕事でも私生活でも、充実した意義ある人生を送るためには、この「Mojo」が欠かせないとして、この「Mojo」を高めるための14のツールをこの本の中で紹介しています。

「意識が集中し、高いパフォーマンスを出している瞬間」という意味で、「Mojo」とチクセントミハイが提唱した「フロー」についての類似性を著者も指摘しています。「フロー」に興味がある方は必読ではないでしょうか?

360度フィードバックを得意とする著者、豊富な事例とデータで、読む人を「Mojo」の状態にしてくれます。

自己基盤を整え、高めるためには「フロー」と共に非常に有益な概念と思いました。
[PR]
by hangloose | 2011-08-28 00:22 | 本の紹介

24の強み

日本ポジティブ心理学協会のHPから飛んで、
クリストファー・ピ​ーターソン博士とマーティン・セリグマン博士の開発した
強み分析​ツール:VIA-ISにトライしました。

24の強みの順番が全て​出てきます。
ストレングス・ファインダーと違って無料ですよー。

http://www.jppanetwork.org/via​is.html

私の強みは、
好奇心
向学心
審美眼
ユーモア
創造性
感謝
​希望
慎み深さ
スピリチュアリティ
公平さ
愛情
寛容
リー​ダーシップ
熱意
親切心
チームワーク
誠実さ
柔軟性
自己​調整
思慮深さ
大局観
忍耐力
社会的知能
勇敢さ  でした​。

トップとボトムを見ると、なるほど、なるほど、と思えます。

ちょっと苦々しい気持ち。

VIA-ISの強みはストレングス・ファインダーの強みと違って​伸ばすことが出来るというから、ボトムを育てようと思います。 ​

このあたりがボトムだよと知っておくだけでも今までと違って来る​気がします。


皆さんはどう?
[PR]
by hangloose | 2011-08-04 01:13 | エトセトラ