ブログトップ

気づきと対話の中から | コーチング,NLP,ファシリテーションetc

growidea.exblog.jp

タグ:システムズ・アプローチ ( 1 ) タグの人気記事

システムズ・アプローチ

今日は、日本ソリューショントーク協会&ブリーフ・セラピー研究会の合同主催:
吉川悟先生の「システムの診断から介入の下地作りまで」に参加してきました。

「情報収集」をどのようにおこない、どのように仮説を立て、介入の下地をどのように作るか、というビッグな広範囲な課題に向かうチャレンジングな一日でした。

問題のシステムが内包しているコミュニケーション・パタンを見いだすために、「相互作用」を聞く、ということがどういうことかを演習を通じて理解することができました。

先生が演習中の私たちにストップをかけ、度々、指摘してくれたことは、私たちは「相互作用」について全然聴いておらず、聞かなくても良い要らない情報ばかり聴いているという指摘でした。

クライアントが発している感情や想い、考えなどは、相互作用ではなく、要らない情報であるという指摘は新鮮でした。

20頁ほど残っていたノートを持っていったのですが、書き足らず、配布資料の裏にまで先生の言葉をmemoし続けました。

防備録の意味でノートから、いくつかの言葉を書き出します。何かしかの刺激になれば幸いです。

■readyness  レディネス
変化のための準備を用意しないと変化は起きない。仮説をセラピストとクライアントで共有しないと介入の下地は出来ず、介入は効果を生まない。

■しんどくないところを見つけるのがシステムズ・アプローチ

■しゃべりやすいネタを拾う

■問題に近いところの相互作用を見る

■うまくいかなければ立て直す だめなものはあきらめる

■うなずき方ひとつでも反応を誘う クライアントにメッセージを伝えている そこまで意識してうなずいていますか?

■介入のために必要なことは相互作用の情報 枠組み、ラベルの言葉は要らない 

■多くの人がしゃべっていることは枠組みであり、ラベル。主観的な判断や心情。

■多くのセラピストは、先に「ラベル」を集め、わかったつもりになってしまう。

■4歳児は相互作用だけをしゃべる 起こった事実だけしか話せない 子供は枠組みを持っていない

■相互作用を拾うときは3つ以上集める 原因と結果だけで終わらせない
   原因→結果→反応(行動)
   クライアント:子供が心配で、子供に聞くんです(ひとつ目)
   セラピスト:で、お子さんは何と言いますか?
   クライアント:黙って何も言いません(ふたつ目)
   ここで終わらせない
   セラピスト:で、子供が黙ってしまったらお母さんはどうされるのですか?(3つ目)

■システム論のおいしいところ   
  金太郎アメのようにいろいろな場面で同じコミュニケーションパタンが出てくる
  どんな場面を聞いてもいい
  例えば、「以前も同じようなことがありましたか?」など

今日はこの辺で ^^
[PR]
by hangloose | 2012-03-18 23:44 | ブリーフ・セラピー