「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

気づきと対話の中から | コーチング,NLP,ファシリテーションetc

growidea.exblog.jp

タグ:シンクロニシティ ( 1 ) タグの人気記事

シンクロニシティ

「シンクロニシティ -未来をつくるリーダーシップ」
ジョセフ・ジャウオースキー著、金井壽宏監訳、英治出版、を読みました。

今年読んだ本のベスト1かも。

もちろん、シンクロニシティというのは、G・C・ユングの言葉です。
「二つ以上の出来事が重要な意味を持って同時に起こること。そこには単なる好機の到来以外の何かが関わっている。」ということです。意味のある同時多発事象のことです。

原因があって結果があるという因果律だけでは説明がつかない現象を説明するひとつの考え方と思います。

この本の内容は、読んでいただいて楽しんでいただくとして、
極私的な感想を書きたくなりました。


とあるセミナーに出席した後の懇親会で
ある女性と話し込みました。

いつの間にか、気がついたら自分の夢を語っている自分がいて、その人はこの本をぜひ読むようにと勧めてくれました。

これもまたシンクロニシティのひとつなんだと思います。

本を開くとびっくりの連続。
これまでに夢中になってきた人々や本のオンパレード。

自分がどこに向かっているのか
自分は何を成し遂げようとしているのか。
これまで心導かれて来たさまざまな世界がここに結集して、まさに私を待ってくれているかのような感覚に満たされました。

「かもめのジョナサン」は高校生の時に影響を受けた本の一冊です。

13章のシンクロニシティの章の扉に、カルロス・カスタネダの名前を見た時には飛び上がりました。
大学生の時に、カスタネダの「ドンファンシリーズ」は私の周囲では、まさにバイブルでした。

シンクロニシティとカスタネダという一見、類似性のないようなふたつのものが並んでいるところに驚きを感じ、そして気づきました。それは「意志の強さ」です。
まさに1立方センチメートルのチャンスを逃さない意志の強さがその根底には流れていると感じました。

アーサー・ケストラーの名前を見た時は、フリッチョフ・カプラ、ラブロックらの本をむさぼり読んでいた時のことを思い出し、そのころから自分が求めているのものが今もここにあることを感じました。

シェル石油のシナリオ・ライティングは感化された手法のひとつです。あのシナリオ作成グループを率いていたんですね。

きわめつけは、ジョセフ・キャンベルです。
やはり素敵な言葉を言うなとつくづく感心しますし、とても勇気づけられます。

自分ひとりの身勝手な夢でなく、
もっと大きな世界の中に自分の喜びを見いだし、
そのミッションに向かう時、ジョセフ。ウオーカーの体験談はまさに勇気と希望を与えてくれます。

ここ数年、記憶に強い印象を受けている出来事をノートに書き出しました。
すると、私にもシンクロニシティが起こっていることを実感できましたし、一体どこに向かおうとしているかがはっきりとしました。

監修の金井壽宏先生に大感謝です。
金井先生は今年の9月、日本コーチ協会の基調講演で刺激あふれる話をたっぷりとシャワーのように浴びせていただきました。そこで提示された話をちょっと考えてみたいなと思っていた矢先、この本を紹介されたというのもまた、シンクロニシティだなあと思っています。

会社勤めも、そろそろ終わり、さて、自分はこれからまさに何のために生きていこうとおろおろとしている私のような人が、この本を手にして変容をとげ、勇気を出して自分の人生をより素晴らしく生き抜いていくとしたら、素敵なことですね。^^

きっとそれは夢ではないと思います。 ^^

この本を読んでから、ちょっと足下が軽くなり、体がポカポカしています。

いま、直感ですが
金井先生の後書きにある、ユングの「人生の正午」という言葉に惹かれています。
自分にとって大事なメッセージがそこにはあるような感じがします。
次は、このところを探っていきますね。
[PR]
by hangloose | 2007-11-25 18:38 | エトセトラ