人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

気づきと対話の中から | コーチング,NLP,ファシリテーションetc

growidea.exblog.jp

エンパワーメント


2008年の12/21(日)に、
ブリーフセラピー研究会で、吉川悟先生から
「エンパワーメント」について教わりました。

話の内容は、エンパワーメント/ジョイニング/リフレーミング/コンプリメント


お話上手な先生ですし、いっぱい話されるので、
こちらのメモも追いつかず。

それでもいくつかの言葉は、しっかりと心に刻まれたと思います。
私のアンテナに引っかかった言葉を書いてみます。

------------------------------------------------
変化は嫌われる。最初に変化した人が原因だったと思われる。
  自分は悪くない/相手が悪い
------------------------------------------------

あー。そうですね。
動いた人、変化した人が原因だったと思われると解釈すると
なぜ人は動かないのかが納得できます。

しかし、それにしても・・・・・・ おれは原因じゃないから動かないよ
というのは、「がまん大会」じゃないですかね。
がまんしているうちに、みんなゆでだこになってしまったでは
笑えない笑い話ですね。

-------------------------------------------------
・前半は黙っていることが多い。
・はずれるかもしれないことは言わない。
・主訴がわかるまでは言わない。
・相手が納得しそうにないことは言わない。
・ものさしは相手にある。
・こちらのものさしを持ち込まない。
-------------------------------------------------
吉川先生のように臨床現場に立っている人の言葉は、貴重な宝石のようです。

コーチングでも、うっかりと出てしまった一言で、クライアントさんを傷つけたり
します。

「よう、言われん。そんなこと。恐ろしくて言われんわー。」 
笑いながらの関西弁をしっかりと記憶しておきます。


二人ペアになってお互いの話を聞くワークをやりました。
ワークの後で、クライアントの方にこんな質問が与えられます。
 ・聞いて欲しかったポイントを聞いてもらえましたか?
 ・私は、聞いてもらっているという感覚を味わえましたか?
 ・聞いてもらうことで、元気が出てきましたか?

いずれも辛い点をいただきました。

うーむ、奥深し。 もっともっと修行ですね。
by hangloose | 2008-12-29 22:43 | ブリーフ・セラピー
<< 明けましておめでとうございます 年末年始 ワンショット無料コー... >>