ブログトップ

気づきと対話の中から | コーチング,NLP,ファシリテーションetc

growidea.exblog.jp

イマジンヨコハマ ふりかえり

f0057227_141854.jpg
10/24(日)に横浜で、昨年度に行われた横浜市のプロジェクト「イマジンヨコハマ」のふりかえり会が開かれました。

イマジンヨコハマがこの3月で終わった後も、コアスタッフ達は集まっていましたが、

私はなかなか日程が合わず、久々の参加でした。

Aiインタビューを主とした、とても準備された心地よいふりかえりの空間でした。

言葉をとても大切にしているのが伝わってきました。

特に、配布資料に書いてある言葉が、とても素敵な言葉でした。

  たまごの殻をあつかうように、大切に、大事に。
  でもちょっと、つついてみる。そこから生まれてくるなにかを楽しんで。


はい! 楽しみました。   生まれてくる何かを。


Aiインタビューの問いは3つでした。

実際の言葉はもっと素敵なのですが、以下には要旨だけを記しておきます。


1.イマジンヨコハマに関わって、思わず心が動いた瞬間はいつだったか?

2.どんな予想外の展開があったか? それをどうやって乗り越えたか?

3.思わず一歩踏み出した瞬間はいつだったか?


3番目の問いが、私に眠っていた記憶を呼び起こしました。

結果としてはとても苦々しい結果に終わったことだったのですが、

それは、自分がいつもだったらあきらめていた状況の中で、ちょっと勇気を出して

やってみた時でした。

あれは、苦々しい経験ではなくて、勇気を出した素晴らしい経験ではなかったか

と、思い直すことができました。


苦々しい結果だけではなくて、

勇気を出した瞬間、一歩踏み出した瞬間こそ

記憶に留めておくべき、大切なことではないかと思えました。

そのような勇気を出せた自分が、とても愛しい奴だなと思えるようになりました。

ネガティブな感情、ネガティブなの記憶を、ポジティブな感情、記憶に変換するマジックが

Aiインタビューにはあるんだなあと、納得いきました。


Aiインタビューの後は、「今の気持ちを粘土で表現してみよう」ということで、

粘土が配られました。

私の作品がこれです。

題して「心の開放記念日」

心を開放し、身が軽くなって、人生がいろいろな色で彩られていく、

そんなイメージが浮かびました。

軽やかで、明るく彩られる人生に乾杯!
[PR]
by hangloose | 2010-10-28 23:35 | エトセトラ
<< 世代間ダイアログのお誘い 星川淳さん×中野民夫さん @西... >>